安全への取り組み

安全を支える体制づくり

弊社は安全第一を考え、業務中の交通事故や車両トラブルを未然に防ぐためには「組織全体の交通安全への意識向上」が必要不可欠であると考えております。万が一交通事故や車両トラブルが起きた場合にも、速やかに対処・改善する体制作りに努めています。

日々の安全を実現するために

弊社では業務中の交通事故や車両トラブルを未然に防ぐため、安全運転対策委員会を設置しています。この委員会では各部門の部門責任者が委員となり、会議を定期的に開催することで「交通安全に対する意識の向上」を実現するための課題を検討し、協議を重ねています。また、本社では各部署の部署責任者で構成される人事・安全推進会議を定期的に行い、現場からの意見を基に、新たな改善策の考案と検討を重ねています。各支店には整備管理者・運行管理者を配置し、定期的に人事・安全推進会議メンバーと情報共有が図れる環境づくりを行っています。社員一人ひとりに「安全意識の欠落による些細な行動が大事故を起こし得る可能性」を意識させ、交通事故や車両トラブルが起こらない体制づくりを強化しております。現場の安心・安全を確保する体制づくりが企業として大切な役割であると考えております。

安全を支える体制づくり

その他の支援や寄付について

  • Fun to Share
  • 未来へ紡ぐリレープロジェクト
  • 南三陸応縁団公式サイト
  • 日本赤十字社
  • 神戸ルミナリエ
  • ヴィッセル神戸
  • 日本骨髄バンク
  • WWFジャパン公式サイト
  • JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

page toppage top